スピルリナとは何か

皆さんの中にも、スピルリナという言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。近年注目を集めているスピルリナですが、スピルリナは元々35億年以上前から地球上に存在していると言われています。大きさは0.3ミリから0.5ミリ程度の小さな生き物です。どんなものかと言いますと、スピルリナはらせん状の緑の藻です。

スピルリナは光合成によって成長をし、基本的に水と太陽光と二酸化炭素で育つことが可能です。スピルリナは藻なので、植物と同じように二酸化炭素を使い、酸素を発生させます。その為、地球上の中でもとても優しい生き物と言われています。

スピルリナとはどんな生き物か知っていただけたかと思いますが、実は近年ではスピルリナの魅力から食用として開発が進んでいます。歴史はそれほど古くはありませんが、現在では奇跡のスーパーフードとも言われているほど魅力的な生き物です。なぜ、奇跡のスーパーフードと呼ばれているのかと言うと、たんぱく質やミネラル、ビタミン、脂質、糖質の5大栄養素をたくさん含んでいるからです。これほどまでに栄養価の高い食べ物はほとんど存在していないと言われていますので、スピルリナは奇跡のスーパーフードと呼ばれるようになりました。

そんな魅力的なスピルリナですが、スピルリナには植物性色素というものがあり、これによって人々の体を健康な状態にしてくれると言われています。このサイトでは植物性色素のクロロフィルとベータカロテン、フィコシアニンの3つについて説明します。